世田谷区 看護師 転職動機

当サイト人気No.1は「ナースではたらこ」!HAPPYボーナス最大10万円!

看護師・ナースの転職動機

1番多い転職の動機は人間関係

看護師の転職動機

看護師さんが転職を考える動機として1番多い理由は人間関係の問題です。

 

看護師は様々な年代層の同僚看護師や医師、医療スタッフと連携をとりながら治療活動や介護に従事していますので、どうしても人間関係が複雑になりがち。さらに職場の同僚がほとんど女性のため、どうしても好き・嫌いが別れてしまいがちのようです。

 

 

『同僚からいじめを受けているが看護師長に相談もできない』


 

『医師からパワハラがあり精神的に病んでしまった』


など、その動機は深刻です。また患者さんとのトラブルが転職を考えるきっかけになることも。

 

 

『病院は好きだけど患者さんのセクハラ、付きまといに耐えられない』


などの声もありました。

 

勤務時間・業務内容に関する不満も多い

 

『就職時の説明より夜勤が多いのが不満』


 

『想像していたよりも病棟の職務内容が過酷でプレッシャーに押しつぶされそう』


など業務時間や内容についての不満・不安も看護師の転職動機として多く見られます。

 

夜勤が月に7日、8日と入ってくると生活のリズムを保つのも困難になり、体力も予想以上に消耗するようです。20代の若いうちは乗り越えられたとしても、その先を考えると今のままでは、、と不安を感じる方が多くいらっしゃいます。

 

介助は力仕事

看護師の仕事は「力仕事」。患者さんの介助をするうちに自分が腰痛や身体を壊すといった本末転倒な事態になりかねません。患者さんのために全力で仕事頑張るためにもまずは看護師のあなた自身の身体が資本!

 

もし今の業務に身体がついていかない、と感じるのであれば転職を考えるべきかもしれませんよ。

 

出産・育児明けや旦那さんの転勤なども

旦那さんの転勤に合わせ、転勤先で新たな職場を探すというのも看護師の転職にありがちなパターン。看護師の求人市場は売り手市場のため、ある程度の実務経験さえあれば職探しにそれほど苦労はしない、という声も。

 

看護と育児の両立

ただし子供を生んで間もないなど、フルタイムの勤務が難しい場合や突発的な休暇を取る可能性がある場合は注意が必要です。

 

あらかじめ短い勤務時間での就労をお願いしたり、託児施設の有無、子育て支援制度などが整った職場を探すことがおすすめです。

 

看護師の人手不足の解消を目指し育児・介護休業法の成立など法的な整備も進んできましたが、実際の現場ではまだまだ職場ごとにばらつきが激しいのが現実です。ますますライフワークバランスのとれる職場探しが重要になっています。

 

お給料に関する不満

給料を上げるために転職を考える人も多い

どんな職業でも多い転職理由が「給料を増やしたい」という理由です。看護師の場合も例に漏れず、給与への不満が転職のきっかけになることも多いようです。

 

看護学校の同級生が他の病院で○○万円で勤めている、といった情報はすぐに耳に入ってくるので

 

 

『こんなに夜勤も頑張っているのに私はこれだけ?』


といった他人との比較から転職活動を始める方が多いようです。もちろん看護師としてのやりがいや患者さんに感謝されたときの充実感はなにより大きなやる気の源。

 

しかしそこに日々の業務に見合うだけのお給料が加われば言うことなし!ですものね。給与水準は勤務先によってバラバラ。定時の勤務だけで夜勤をこなしていた頃よりお給料が増えた!といった転職成功事例も!?

 

できるだけ条件のいい求人情報を入手してあなたのやりがいに見合う職場を見つけるのも方法ですね。


転職活動の流れ よくある看護師転職動機 求人情報の探し方 看護師の転職活動注意点 転職に関するお悩みQ&A