世田谷区 看護師 転職の悩み

当サイト人気No.1は「ナースではたらこ」!HAPPYボーナス最大10万円!

看護師の転職にまつわる『Q&A』

よくある質問とその答え

看護師さんが転職活動を行う上でよくある疑問や質問とその答えをまとめてあります。皆さんの転職に少しでも役立てば幸いです。

 

漠然と転職を考えています。何から始めればいいですか?

まずはあなたが転職したい動機をしっかりと整理してください。動機があいまいなまま転職活動を進めてしまうと、自分がどういう職場で働きたいのかが分からずに転職活動そのものが失敗に終わることもあるようです。また、転職サイトなどを活用する場合でもあなたの希望に合う求人を探すためには、あなたの希望をしっかりと相手に伝えておくことが必要です。転職先の面接で「志望動機」を確認された時にはっきりと自信を持って答えられるように自分の心の中を整理しておきましょう!

人間関係がうまくいかず転職したい。履歴書や職務経歴書には何て書けばよいでしょうか?

求人を出す病院側でも出来る限り職場の雰囲気や現スタッフに馴染みやすい看護師を採用したいでしょう。素直に人間関係がギクシャクして、と転職動機を書いてしまうのも考え物。かといって嘘の転職動機を書くのも。。そんな時は様々な転職事例を見てきたプロのアドバイザーに相談してみると良いでしょう。転職サイトの中にはコンサルタントやエージェントと呼ばれるあなたの転職をサポートしてくれるスタッフを付けてくれるところが多いんです。彼らはこれまで何十人、何百人のナースの転職を成功に導いたその道のプロ!きっと同じような悩みを抱えた看護師の転職を成功させたこともあるはず。経験に即したリアルなアドバイスがもらえるはずです。

出産を機に退職したが子育ても落ち着いたので復帰したい。5年もブランクがあるが就職はうまくいくでしょうか?

長期間のブランク明けの就職に関してはケースバイケースになります。以前勤めていたときの勤続年数、職務内容、勤務先によって話は大きく変わってきます。勤続年数が5年以上あった場合は、看護師としての基礎は身についていると考えられるため長期ブランク明けでも就職先は見つかりやすいと思います。逆に以前の勤続が1,2年の場合だと看護師として1人前の仕事が出来るようになる前に仕事を離れたとみなされますので、即戦力が欲しい病院などは厳しいかもしれません。一般病院勤務、クリニックへの勤務の差もありますし職務の内容によっても話は変わってきますので、まずは求人サイトへ登録をしてエージェントに相談してみてください。求人支援サイトの中には長期ブランク明けの就職支援に強いと謳っているところもありますので、積極的に相談をしてみましょう。

短期間に転職を繰り返してキャリアに傷が付くのが怖い。1つの職場に最低何年位勤めてから次のステップを探すべきでしょうか?

確かに頻繁に転職を繰り返すと職務経歴書が書きにくくなってしまいます。また職場によって勤続年数が短いうちは経験できない職務もあると思われます。できれば最低3年程度は1つの職場で頑張って、一通りの仕事をこなしてから次のステップに進むと良いのではないでしょうか?

自分が転職して給料をいくらもらえるのかを知りたいのですが?

現在までの経歴や職務内容にもよりますが、転職をする以上最低限今の給与に5%は上乗せを期待したいところです。ただし夜勤がきつくて転職を考えている場合などは、夜勤手当(深夜手当て)が無くなる上に年収を増やそうとなると、条件を満たす求人は見つかりにくいかもしれません。ただし、病院によってベースの給与に差はありますので運がよければすんなり転職が見つかることも。転職サイトを利用する場合、エージェントがこちらの希望を念頭において給与その他の交渉を行ってくれることも!まずは信頼できる転職のパートナーを求人サイトで見つけることから始めてみて下さい。

子供がまだ小さい(1歳)けど仕事に戻りたい。良い方法はないでしょうか?

お子さんが小さい場合、突然の発熱などで休暇をとらなければならないことも結構起こりますよね。転職早々にシフトに穴を開けてしまうのはあなたも雇用側も辛いもの。。かといって諦める必要はありません。慢性的な看護師不足を解消するために、子育てと仕事を両立できる環境を用意している病院も増えてきているんです。託児所が付いている病院や1日4時間勤務など短時間労働の契約なら、周りの同僚も子育てママが多いはず。同じ境遇の看護師同士、突然のシフト変更をお願いする時にも「お互い様」の感覚で引き受けてくれると思いますよ。まずは子育てとの両立をバックアップしてくれる環境の整った職場を求人サイトなどから探してみてはいかがでしょうか?

病院とクリニック、職場としての違いは何でしょうか?

大きな違いは勤務体系と給与になります。病院は入院施設があるため交代制で24時間動き続ける必要があります。夜勤もありますし休暇もとりにくいなどある程度はプライベートを犠牲にすることもやむを得ません。それに対しクリニックは入院施設が付いていないことがほとんどですから、定休日はしっかりお休みが取れる、定時に帰れるなど労働時間の面では働きやすいといえるでしょう。一方給与の面で考えると病院勤務の看護師の方がクリニックに努める看護師に比べかなり高めです。これは夜勤手当等の特別手当が付くことと、そもそも病院の方が基本給の設定が高い場合が多いためです。求人数で見ると離職率の高い病院では常に人手不足に陥っており求人を年中かけている病院も沢山あります。クリニックではそもそも規模が小さいためスタッフが少人数でよいこと、離職率が病院ほど高くないことなどから条件の良い求人はほとんどが非公開になっています。クリニック勤務を希望する場合は、エリアにつよい転職サイトに登録をかけクリニックの求人を専門に探してもらうと良いでしょう。

転職支援サイトがたくさんあるためどれを利用しようか迷っています。

看護師求人サイトにはそれぞれのサービスによって特徴があります。特定のエリアに強い、とかエージェントの質が高くなんでも相談に乗ってくれるなど特徴を把握した上で、ご自身が考える転職活動にピッタリのサービスを探してみてください。当サイト内にも看護師求人サイトのランキングや特徴を掲載してありますので参考にして見てください。簡単なアドバイスとしては、1つの看護師転職サイトだけに登録することはおすすめできません。なぜなら求人サイトごとに持っている求人案件が異なるからです。あなたの希望する求人が世田谷区内で非公開案件としてあった場合に、登録している転職支援サイトがその求人情報を持っていなければ応募することすら出来ません。かならず2つ以上のサービスに会員登録を行い、情報を逃さないようにしておきましょう。ただし5つも6つも登録するとメールや電話の連絡が各サイトから入るため、煩わしくなってしまいます。2,3サイトに登録をかけ様子をみながら徐々に増やしていく方が良いでしょう。

看護師専門の求人サイトから転職すると転職お祝い金が出ると聞きました。転職支援をしてくれてお金までくれるなんて怪しくないですか?

はい、これはけっして怪しくありません(笑)転職お祝い金の仕組みを説明しましょう。病院は採用した看護師を紹介してくれた転職支援サイトに対し仲介手数料を支払っています。病院から見ると採用求人費にあたります。転職支援サイトはこの病院から支払われるフィーの1部を販促費として看護師の皆さんに還元することで、ライバルサイトとの競争に勝とうとしているわけです。
病院は予め約束した費用でスタッフの採用が出来て満足。求人サイトもライバルにお客さん(転職活動をする看護師)をとられずに仕事が増えて満足、看護師も転職を無料で手伝えてもらえて、お祝いまでいただけて大満足!という仕組みなんですよ。決して怪しいお金ではありませんので、ありがたく受け取っておきましょう。ただし、転職お祝い金の支給条件は転職を決める前にしっかりと確認することを忘れないで下さい。転職後一定期間勤めてから、などの条件が付くことも。転職してお祝い金を貰ったその日に退職する、などの不正が行えないような仕組みになっているんです。まずは転職お祝い金の金額と支払い条件等を確認して利用するサイトを選ぶのもおすすめです。



転職活動の流れ よくある看護師転職動機 求人情報の探し方 看護師の転職活動注意点 転職に関するお悩みQ&A